人材の流動化に備えた転職

政府が進めている人材の今以上の流動化の試みですが、まだ世の中の隅々まで行き届いているとは言い切れません。まだ長く同じ会社に勤めるということが当たり前になっていますし、短期間での転職というのはあまり企業側には歓迎される要素ではないようです。しかしながら、この先は流動化の流れは確実に起こることは目に見えています。今はその過渡期と呼べる時期で、なるべく自分に合った仕事を見つけて眺めに働くということを心がけることが将来自分の年収をアップさせたり、キャリアを花開かせることにとても役に立つと思われます。

 

「語れる仕事」をしましょう

人に話をするときには「物語」があると非常に分かりやすくなります。事務の仕事を10年してきました、ですとか、資格を持っています、というような状況を言うよりも、事務職の中でも管理職に近いポジションで会社のあらゆる仕事を効率化するために動いていました、
と伝える方が面接をしている担当者にイメージが伝わりやすくなります。仕事のできる人は、仕事の中身を語るのが上手い人でもあります。それは実際に経験を毎日しているからに他なりません。そういう意味で、いつでも自分の業務経験を語れることが転職を成功する秘訣であると言えます。