はじめに

最近は、雇用についての考え方や基準が、昔に比べて大きく変わったといわれています。かつては採用されることがすべてでしたが、今では、どういった業績をあげるかというところが、一番の基準となってきます。
こういった中においては、転職マーケットについても、変化が起きていると言ってよいでしょう。

 

転職マーケットの変化について

ただ、こういった転職マーケットの変化というのは、決して悪いものではないと言ってよいでしょう。これまでは、最初に採用された人、つまりは新卒採用の人で、マーケットのポジションのほとんどを埋めてしまっていました。これでは転職マーケットといっても、ほとんどないような椅子の取り合いとなってしまうわけです。しかし、今では、能力のある人に、ポジションをスイッチする、という考え方が、広まっています。こうなってくると、転職マーケットは活性してくるわけです。これが、最近の転職者の増加につながっているともいえるでしょう。

 

まとめ

このように転職マーケットが変化している今は、転職する能力のあるひとにとっては、むしろ好機といってよいでしょう。自分ができること、能力やスキルを活かして、転職マーケットのこの波に乗るようにしましょう。