他人のことより自分のこと

転職で困ることが、周りの情報に流されてしまうことです。特に自分のしたい仕事ではなく、周りが良いといっている仕事に流れてしまうことが転職ではよく起こります。確かに、自分の実力をためしたり、視野を広げたりする点ではこうした他業種のことを知るのは非常に良いことですが転職という部分に関して言うとあまり自分のメリットになることは無いと言えるでしょう。それは、他人のフィールドで戦うことは当然ハンディを抱えながら転職を始めることになりますから、今まで仕事をしてきた経験などを元に、仕事を探す方が転職を成功させ、さらに自分の望む高みへ進むのには大きな近道になります。

 

転職中はあまり情報を入れないことが大事です

転職活動をするときには経済新聞などを読むことに留め、あまり自己啓発本などの「マニュアル系」の書籍からの情報は避けた方が良いでしょう。急に付け焼刃の知識を頭に入れようとしてもほとんど身になることがありません。今までの日常生活で培ってきたものしか面接などの転職の場では出てきませんから、時事ネタだけは面接のときの対策として仕入れるとしても他の情報はあまり入れない方が、惑わされることなく転職に集中できるようになります。