今までの自分にヒントは隠されている

今の職場に納得ができないから転職をする、これは至ってシンプルな考えですが、本当にその考えが自分にとって正解なのでしょうか。転職というのは、次の職場が決まるともう後戻りすることは難しいものです。そのため、本当に必要な転職なのかどうかを確認しておくことをオススメします。そこで、今までの自分を振り返ってみましょう。そこにヒントはあるはずです。

 

今の仕事、職場に納得ができていたか

例えば、今まで本気でその仕事に取り組んでみたでしょうか。今の職場の悪い面に目が行ってしまうばかりに、その職場のいいところに目を向けることができていなかった、という可能性も否定できません。そのため、その職場に本気を出した記憶が薄い方は、もう一度だけ出してみるとよいでしょう。新しい可能性に気がつくかもしれません。それでもやはり納得出来ない場合には、転職をオススメします。どうしても合わない職場というのはありますし、次に可能性をかけてみるのも立派な選択肢となるでしょう。

 

安易に答えを見つけないこと

自分にとって予期していない答えこそが自分にとっての正解かもしれません。そのままにしておくのはもったいないので、一度振り返っておきましょう。